中国との貿易をする商社に勤めるマルチリンガルがうらやましい

中国との貿易をする商社に勤めるマルチリンガルがうらやましい

私は以前、ある会社で海外との取引をする部署で仕事をしていました。

英語が得意だったので説明書などの翻訳も兼ねた仕事をしていたのですが、不景気になった時に部署自体が解散してしまいました。

その後は派遣などで英語が使えるような仕事をしていましたが、今は英語とはほとんど関係のない仕事をしています。

やはり今はただ英語ができるだけでなく、英語以外に何が特殊な知識がある人や、英語と他の外国語が話せる人でないと語学系の仕事はなかなかないようです。

私の友達に帰国子女がいて、英語と中国語が話せる人がいます。

彼女は今、中国との貿易をしている商社に勤めていますが、やっぱり英語だけでは駄目なんだなぁと感じています。

特に今中国は世界で大きな市場を持っていますし、日本も中国からいろいろな商品を輸入しています。

その商社で頑張っている友達の話を聞くと、やっぱり私も何か別の言葉ができたらよかったのにと思ってしまいます。

それなら貿易関係でなくても転職の幅は広がったでしょうし、いつも後悔しています。

商社で中国貿易を経験した友達が独立するのに誘われている

昔の友達で、今とある商社に勤めているやつがいる。

そこは中国といろいろ貿易をやっている所で、割と大きな会社だが、友達はもうすぐ辞めると言っている。

それでどうするのかと聞いたら、自分で商社を立ち上げるという話だ。

今までの経験でツテもできているし、資格も持っているので問題ないらしい。

すでにいろいろと計画も立てているようで、お前も手伝わないかと言われていてちょっと迷っている。

自分には特に貿易の知識もないし、語学力も何とか英語ができるくらいしかない。

まして、中国にも行ったことがないし手伝ったところで何ができるんだろうかというところだ。

しかし、友達はそれでも大丈夫だし、できることをやってもらえばいいと言っている。

それなら倉庫番でもやらせてもらおうかと冗談を言っておいたが、向こうは割と真剣なようだった。

中国との貿易を得意とする商社

実は自分もちょうど転職して何か新しいことを始めてみようかと思っていたところだし、渡りに舟と言えばその通りだ。

とりあえず前向きに考えていると伝えてあるが、果たしてうまくいくだろうか…